Skip links

Архив новостей

製品表示のない製品販売に対する法的責任の厳格化

製品表示のない医療機器の度重なる販売に対する法的責任を厳格化する提案が国会でされています。この法案によると表示義務違反に対して、罰則として生産設備が没収されることになり、秋の国会で審議されることが決まっています。 生産設備を没収することで、すでに違反をした製造者による表示のない医療機器が再度流通することを防止する効果がでると考えられており、理論上は、この法によって違法な医療機器の流通量を削減できるようになります。 法案の説明文書には、行政義務違反に関する報告書を作成し、このような事件を取り扱う権限を有する機関の一覧が記載されており、設備没収手順も審議の対象となります。 違反物である製品表示のない医療機器は廃棄処分になり、違反企業は深刻な財政的な損失を負うことになります。製品表示のない医療機器の販売に対する製造者とサプライチェーンの法的責任は依然として行政罰の範囲内であるため、責任者に対して5000から1万ルーブルの罰金、企業に対して5万から10万ルーブルの罰金が科せられます。 今回の法案によって導入される措置により、製品表示のない医療機器を販売した罪に問われる製造者の財政的な損失は罰金だけでは済まなくなります。生産設備の再装備にかかる費用捻出の必要性が生じ、製品ロットの廃棄は利益の損失を引き起こします。